認知症介護専門員

一般社団法人日本臨床医学情報系連合学会及び日本認知症介護学会は、認知症介護技能を審査し、一定以上の認知症介護知識及び技能を有すると認めた者に対して「認知症介護専門員」と認定しその称号を付与する制度を創設しています。

厚生労働省が制度化した、認知症介護研究・研修センターで養成する「認知症介護指導者」の制度がありますが、その制度の学会版として「認知症介護専門員」制度ができました。多くの学会、実務団体、実業団体から支援を受けて制度化されました。認知症介護指導者の資格取得の前に認知症介護専門員を予備資格として取得することが良いのではと考えます。

我が国は、超高齢化社会が進み認知症患者が増加します。高齢化により国民の多くが認知症を発症すると考えられます。認知症介護の問題は誰でもが経験する問題になります。認知介護は、かなり専門的知識が必要になりますが勉強には時間と研修費のハードルが高く中々思うに任せられないのが現実です。前述の認知症秋後指導者の制度は、資格取得や研修参加には条件が厳しく参加でませんん。そこで、この認知症介護専門員制度が誕生した所以があります。認知症介護は資格のみを取得しても意味がありません。知識と技能を実際に身についてることこそが重要ですので費用も廉価な「認知症介護専門員」を目指すことがお勧めです。

認知症介護相談員はこちら ←

詳しくは → 

Comments are closed.